株式会社Casaの保証料率 他社との比較/母子家庭手当

昨日、賃貸仲介さんより電話があり、

保証会社審査通りました!との事。

よかったです。

株式会社Casaの 承認通知書を見てみると、

保証料率50%となっており、

それ以外の保証料率ってあるのかな~と

他社も含めて調べてみました。

初回保証料(主な基本プラン)家賃合計額の割合

・Casa 50%

・日本賃貸保証 50%

・日本セーフティー 家賃毎の定額制(最低20,000円)

・全保連 30%(更新あり) 80%(更新なし)

・リクルートインフォレントシェア 100%

ということで、50%前後が定番みたいですね

次に保証内容として、賃料何カ月分までかと、免責期間は、

・Casa 48カ月(賃料) 10日(免責期間)

・日本賃貸保証 24カ月 報告日により変動

・日本セーフティー 24カ月 80日

・全保連 24カ月 30日

・リクルートインフォレントシェア 48カ月 集金代行

ということで、

何も検討せずに、家賃保証会社お任せしますよ~、で

Casaになりそうですが、48カ月と期間が長いので良かったです。

但し、免責期間が一番短いですね。

注意が必要です。

なにより、家賃保証会社さんにもしっかり利益を出してもらって、

倒産しないでほしい!

大家からするとそこが重要です。

保証会社が入居者の審査をする際、

収入に対する家賃の支払い比率項目が

あるようで、概ね30%位で審査しているようです。

今回、Casaの審査が通ったお客さんは、

おそらく収入の30%では家賃払えないと思います。

入居者が二人の姉妹、母親、三姉妹の子供たち

という大家族で、三姉妹+母親も働かれているので、

世帯収入で計算したんですかね。

今まで知らなかった、母子家庭手当についても調べてみると、

一般的な大阪市の例ですが、

子供が18歳になるまで、

児童一人の場合、42000円/月額

二人目 5,000円加算

三人目 3,000円加算

三人子供の母子家庭で、月50,000円

×3世帯で、月150,000円

この金額が母親達三姉妹の給料にプラスされる訳ですね。

加えて、15歳までは児童手当

0歳~3歳未満の児童…1人月額1万5000円

3歳以上~小学校6年生までの児童で第1子、第2子…1人月額1万円

3歳以上~小学校6年生までの児童で第3子以降…1人月額1万5000円

中学生の児童…1人月額1万円

その他、助成関係をピックアップすると、

特別児童扶養手当

ひとり親家族等医療費助成制度

ひとり親家庭等日常生活支援事業

生活保護

ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金

ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金

母子・寡婦福祉優遇制度

•市営交通の料金の福祉割引
•水道料金・下水道使用料の福祉減免
•駐輪場利用料金の割引
•JR通勤定期の特別割引
•所得税・市府民税の軽減

国民健康保険の免除

国民年金の免除

母子父子寡婦福祉資金貸付

制度として確立されているものは、

しっかり調べて、しっかり利用して

長く住んでいただきたいです。










スポンサーサイト
プロフィール

tarojiro

Author:tarojiro
大阪在住 1979年生

マイペースにボロ戸建てを取得していき、月間150万のキャッシュフローをめざしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる