第二種電気工事士試験会場ってどこ?何も届かないけど?

第二種電気工事士 筆記試験まで1カ月きりましたね。

そろそろ試験会場と時間を調べよっかな、と

サイトに載ってるだろうと思って見てみましたが、

さっぱりわかりません。

支払期限4月7日って条件で、即日受験料を振り込んだきり、

なんにも届きませんので、

確認の意味で受付センターに電話してみました。

恐ろしく愛想のない、おばちゃんによると、

5月20日に発送します!との事。(その後、その旨書いてある書類が手元にありました。)

試験会場は?と聞くと

発送する書類に書いてあります。

との事。

無駄な時間でした。。。

大家として、入居者さんから電話があったら、

このおばちゃんのような受け答えだけはしないでおこうと、

心に決めました。

で、

筆記試験なんですが、

60点以上で合格できるとの事。

平成27年度から、平成21年度まで

ホームページで公開されている過去問を一通りやりました。

やればだんだんと傾向がつかめてきて、

毎年同じ問題が出てますので、

そこだけ正解するようにして、

難しい(もしくは理解しようと私がしてない)問題はとばして、

62点から80点の間を取れるようになったので、

ひとまずボンミスさえしなければ、いけるようになった模様。

ただ、62点だった平成21年と平成23年上期

及び、64点だった平成26年下期のような問題が出た場合、

かなり合格点すれすれなので、

80点取れた時となにが違うのか比較してみました。

まず、

31問以降の配線図問題は、

平成21年度
20問中12問正解

平成23年度上期
20問中11問正解

平成26年度下期
20問中14問正解

平均12.3問

対して、よくできた年度は、

平成23年度下期
20問中18問正解

平成24年度上期
20問中16問正解

平成24年下期
20問中17問正解

平均17問正解

この差5問(10点)の差だったことがわかりました!

31問から50問の20問分は、

写真鑑別10問

図記号5問±2

配線図3問±1

って感じですので、

上記3つの問題を重点的に、

間違えたところを見直してみます。

で、今31問から50問の内、

間違えた箇所を見直したんですが、

共通したのは、

・電球線には、0.75m㎡以上のゴムコードを使用すること

これぐらいで、あとはまんべんなく違う問題で間違えてました。

やっぱりまんべんなく覚えなきゃだめです。。

理論とリングスリーブ数とをはなから捨ててる以上、

もうちょっとまんべんなく覚える必要があるみたいです。

スポンサーサイト

大家族さん入金ありました!/失火法と借家人賠償責任

先日、代位弁済請求を株式会社Casaにメールした件、

はじめてのカーサ代位弁済請求書/銀行の自動振込サービス

昨日確認したところ、入金がありました!

早速、株式会社Casaに入金あった旨メール

Casaの担当者と私で決めたパスワードでロックした

エクセルファイルをメールでやり取りする流れです。

ファックスより管理しやすくて絶対便利ですよね!

家賃保証会社からの督促は、

大家へ代位弁済してからのようですので、

入居者さんへ、まだ何も連絡いってないと思います。

ですので、

今回は、ほんとのうっかり入金遅れだったようですね。

これからも末永く入居してほしいです。

別件で、

昨日は、2件目の戸建賃貸(ジモティ―で客付けした物件)の

火災保険手続きをしておりました。

代理店の方の説明の中で、

当方がしっかりわかってない事がありましたので、

改めて失火法と借家人賠償について調べてみました。

失火法というフレーズが何度もでてきたんですが、

そもそも失火法ってなんや?という状態でした。

まず、

火事を起こして他人に損害を与えた場合、

本来であれば民法第709条に規定する不法行為に基づく損害賠償責任を負うことになります。

しかし、かつての日本では木造の建物が多かったため、類焼の危険性があること、

また失火者自身も通常、自己の建物を焼失し損害を受けており、

損害賠償責任を負わせるのは酷であるという考え方から、

「失火ノ責任ニ関スル法律(失火責任法)」が定められ、失火者の責任が緩和されています。

これが失火法です。

この法律により、

失火によって他人の家が延焼した場合であっても、

失火者に「重大な過失」がなければ、損害賠償責任を負わせないことになっています。

これは逆の立場から見ると、

隣家から出た火災によって自分の家が焼失してしまった場合でも、

隣家へ損害賠償請求ができないということになります。
 
そのため、自分の家からの出火の場合だけでなく、隣家からの延焼火災に備える意味でも、

各自が火災保険を契約しておくことが必要ということになります。

入居者からすると、

家主に対しての原状回復義務があり、失火法適用外ですので、

借家人賠償責任の特約をつけるってことなんですね。

どうやって証明するのかは不明ですし、

ケースバイケースなんでしょうが、

「重大な過失」とは以下のような事を想定しているみたいです。

台所のガスコンロに天ぷら油の入った鍋をかけて加熱中、その場を離れて出火させた場合

たばこの吸殻が完全に消えたことを確認せず、
その吸殻を紙類が入ったビニール製ごみ袋に入れて放置したまま外出し、出火した場合

漏電の可能性があり回線の修理や不在時の回線遮断の指摘を受けたが、
修理せず、指摘を聞き間違えて不在時には別の回線を遮断していたところ、漏電により出火した場合 
など

幸いなことに、今まで火災の被害はありませんが、

改めてしっかり理解してないといけないなと、

また一つ勉強しました。







はじめてのカーサ代位弁済請求書/銀行の自動振込サービス

2月より入居いただいている大家族さん

戸建賃貸の第一号物件なのですが、

先月は期日にしっかり入金があったのに、

先程確認すると、まだ入金されてません。。。

ま、先月末は28日が平日最終日でしたからね~、

うっかりしてんのかな~。

そう信じたいです。

で、これまた初経験なんですが、

保証会社の代位弁済請求をやってみました。

20160502_095143.jpg

必要事項を記入して、

ファックス送信っと!

「通信エラーが発生しました。」

は?

もう一度、

「通信エラーが発生しました。」

こちらのファックスが調子悪いのか、

先方の具合なのかわかりませんが、

いい加減いらいらしたタイミングで、

カーサに電話してみると、

メールでやり取りするやり方があるみたいです。

保証会社とのやり取りは今後もずーとファックスなのか~。

ま、業界の特徴としてしょうがないんかな~と

あきらめていたんですが、

聞いてよかったです。

非常に対応もよく、

すんなりとメールに指定の添付ファイルをやり取りするやり方でできました。

次回は連休明けに入金確認をしてみようと思います。

3カ月目で入金遅れ、しかもメールもなし。

大丈夫でしょうか。ま、1回目なので様子見です。

それにしても、

振込をうっかり忘れちゃうってのは、

誰でもある事です。

そんな時の為に、

銀行には、自動で振込してくれるサービスがあります。

例えば、

りそな銀行

自動送金/自動振込サービス

当社同一支店あて 216円

当社およびりそなグループ
本支店あて 324円

他行あて 648円

次に、

三菱東京UFJ銀行だと

定額自動送金サービス
( )内は取扱手数料

当行
同一支店あて 

無料
(+108円)

当行
他店あて

324円
(+54円)

他行あて

648円
(+54円)

こんな感じみたいです。

これすりゃいいのに、と思うんですが。

あ、そもそもネットバンク利用してる方は、

そちらでちゃちゃっと済ませるでしょうが。

私の両親含めて、

毎月末、長蛇の列に並んで銀行振込・記帳している方々は、

なんかやりようあるんじゃないかと、調べてみては?と思うんです。

ただ、

ちょっとまてよ、と

いろいろ自分で調べる方だったら、

今、住宅ローンで同地域の同条件の中古戸建を買えば、

(山ほど物件は出てます。)

月々出費が3分の1になりますけど。。。

お客様がなんでも自分でできるようになるっていうのは、

大家さんの立場からすると、困る面もあるんだな~と。

感じたのでした。

これからもちょっとの入金遅れに毎月ドギマギしていたいです。






プロフィール

tarojiro

Author:tarojiro
大阪在住 1979年生

マイペースにボロ戸建てを取得していき、月間150万のキャッシュフローをめざしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる